【スマートシティ戦略部】「大阪コロナ追跡システム」5月29日から運用開始

QRコード活用 登録したメールアドレスへ通知 感染拡大防止へ
 大阪府は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「大阪コロナ追跡システム」の運用を開始した。(2020年5月29日から「飲食店以外」の施設、6月1日からは全対象施設でスタート。)
大阪府報道発表資料「「5月29日より「大阪コロナ追跡システム」の運用を開始します」(大阪府スマートシティ戦略部スマートシティ戦略総務課 企画グループ )

大阪コロナ追跡システムとは
 QRコードを活用し、緊急事態宣言解除後の新型コロナウイルス感染拡大を抑制することを目的としたシステム。
 不特定多数の人が集まる施設、店舗及びイベントを対象とし、万が一、新型コロナウイルス感染者の利用が判明し、その数が業種・規模に応じて設けた基準を上回る数となった場合、当該施設等で同じ日にメールアドレスを登録した利用者に対し、健康管理を促す内容のメールを送信することで、行動変容を促し感染拡大を防ぐ。
 そのほか、当該箇所でのクラスター発生のおそれ等を早期に検知することを目的としている。

対象となる施設・イベント
(1)飲食店及び緊急事態宣言時に休止要請をしていた施設で不特定多数の方が利用する施設
(2)不特定多数の方が参加するイベント
※対象となる施設等の詳細は、大阪コロナ追跡システムのホームページを確認。

運用開始日
 2020年5月29日(金曜日)から運用開始。
※2020年5月29日(金曜日)から「飲食店以外」の施設、6月1日(月曜日)から全対象施設で運用を開始。

事業者が掲示する用のQRコード申込・利用方法
 掲示用のQRコードは、大阪コロナ追跡システムの登録専用ホームページから申込む。専用サイトにて施設情報を登録すれば、大阪府よりQRコードが送付される。送付されたQRコードを印刷し、施設等の目立つ場所に掲示する。

音声アナウンスでも活用を呼びかけ


(音声ファイル ダウンロード仕様。右クリック「名前を付けてリンク先を保存」から保存ください。)

 大阪コロナ追跡システムの活用を広げるため、「音声アナウンス」による利用呼びかけも進めている。
(音声)「大阪府からのお知らせです。不特定多数の方が利用する施設及び参加するイベントには、大阪コロナ追跡システムの導入をお願いしています。府民のみなさまのご利用をお願いいたします。」
※音声協力:FC大阪 応援マネージャー 石塚理奈さん

府民の利用方法は?
 利用する施設やイベントごとに登録する必要があるため、それぞれのイベント会場や施設に掲示されているQRコードを読み込み、メールアドレスを入力すると利用できる。

各種リンク
・大阪府ホームページ:【施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて
・大阪府ホームページ:【施設(店舗)利用者・イベント参加者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて
・大阪府ホームページ:大阪コロナ追跡システムの利用をお願いする施設・イベント
・大阪府ホームページ:大阪コロナ追跡システムに関する、よくあるお問い合わせ(FAQ)【施設(店舗)利用者・イベント参加者の皆様】

問い合わせ
・大阪コロナ追跡システムに関すること
【施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様】
 http://www.pref.osaka.lg.jp/smart_somu/tsusekisystem/jigyosha_faq.html
【府民の皆様】【施設(店舗)利用者・イベント参加者の皆様】
 http://www.pref.osaka.lg.jp/smart_somu/tsusekisystem/fumin_faq.html